Linux Foundationイベントでは、世界の優れた技術者35,000人が集い、アイデアを出し合い、学習し、コラボレーションを楽しんでいます。

オープン ソース コミュニティはほとんど常にバーチャルで分散しているため、直接出会うことで解決する大小さまざまな問題が存在します。イベントは、グローバルなオープン ソース コミュニティが活気を失うことなく、これからずっと健全であるための助けとなります。

オープン ソースを抜きにしたコンピューティングなどありません。ほぼすべての一流企業がオープン ソースを使ってビジネスを強化しています。革新的な製品やサービスをユーザーや顧客に提供するためには、最も広く使われ影響力あるプロジェクトを率いる技術者から、企業が直接学ぶ必要があります。

Linux Foundationイベントは、選び抜かれたオープン ソース メンテナー、デベロッパー、クラウド アーキテクト、ネットワーク アーキテクト、インフラ マネージャー、アドミニストレーターなどが集う場所です。

わたしたちのイベントは:

  • 次世代技術を評価・創造する人々とのつながりを深めることで、オープン ソース コミュニティでの存在感が急速に高まり、オープン ソース開発の進捗が促進される最高の場所です。
  • ソフトウェアのトレンドをいち早く見極め、今後の技術投資に生かせる格好の場です。
  • 今日の技術分野における最も成熟した人材供給地です。
  • 影響力のある世界中のプロフェッショナル、メディア、アナリストらに技術やサービスを披露するのにも理想的な場所です。

The Linux Foundationはメンバー企業などと協力し合い、彼らがオープン ソースの世界に適応するのを助けたり、接触しにくい重要な人々との交流をわかりやすく指南したりします。また営利目的のイベント管理企業とは異なり、わたしたちのイベントで生じたすべての利益はオープン ソース コミュニティを支援するために還元され、彼らの成長のために使われます。

スポンサーシップの詳細については、sponsorships@linuxfoundation.org までお問い合わせください。このページの下にあるフォームでも受け付けています。

Linux Foundationイベントは、常にイノベーションの領域で最先端の2歩先を歩み、他に類を見ない技術教育、人脈形成、ベスト プラクティスなどを提供し続けています。また、重要人物を結びつけることができ、大衆に圧倒されない力も持っています。開放的で多様性のあるカンファレンス実現への取り組みは称賛に値します。私のオープン ソース & テクノロジ イベント カレンダーでは「参加必須カンファレンス」になっています。

Nithya A. RuffComcast社 オープン ソース プラクティス担当シニア ディレクター

2018年のLINUX FOUNDATIONイベント スナップショット

参加者の内訳

参加者

35,000人以上

前年比 28%増

参加者の所属組織

11,000組織以上

世界中の企業、団体、学術機関など

参加者の活動拠点

113か国

参加者の内訳
・7.2% はカナダから
・6.9% はドイツから
・5.5% は英国から
・4% は中国から
・3.7% はインドから
・3.7% は日本から

プレスやソーシャル メディア

7,500以上

メディア掲載

152,000,000以上

インプレッション

90,000以上

Facebook、Google+、ツイッターでの発信

374,000,000以上

ソーシャル メディアでのイベント キーワード インプレッション

150以上

プレス関連の参加

参加者の職種

ソフトウェア エンジニア(31.3%)

シニア ソフトウェア エンジニア(8.0%)

ソフトウェア開発者(6.6%)

開発者(5.8%)

エンジニア(5%)

DevOpsエンジニア(4.4%)

CEO(4.1%)

学生(4%)

CTO(3.9%)

プリンパル ソフトウェア エンジニア(3.4%)

プロダクト マネージャー(3.1%)

ディレクター(2.9%)

アーキテクト(2.8%)

プリンシパル エンジニア(2.7%)

ソフトウェア アーキテクト(2.1%)

イベント スポンサーシップについてのお問い合わせ