スカラーシップ

ダイバーシティ スカラーシップ

Linux Foundation のダイバーシティ スカラーシップ プログラムは、技術コミュニティやオープン ソース コミュニティにおいて伝統的に少数派であるグループに属し (LGBTQ、女性である、肌の色が違う、障害があるなどさまざまな理由が考えられます)、経済的理由により Linux Foundation のイベントに参加する機会に恵まれない人々を支援するものです。

スカラーシップ受賞者には無料の登録チケットが贈られます。ただし旅費や滞在費は含まれませんので、これらについては自己負担となります。旅費などを申請する場合は、トラベル ファンド申請フォームに必要事項を記入してください。

スカラーシップの基準は、ニーズとインパクトです。選考は、各応募者のリクエストを厳正に評価する専門の審査員グループによって行われます。申請者 1 人につき年間 2 つのスカラーシップまで認められています。

応募する方は、こちらのスカラーシップ申し込み書 に必要事項を入力してください。応募の秘密は厳守します。なお、審査には2週間ほどかかります。ご質問がある場合は、scholarships@linuxfoundation.orgまでお問い合わせください。

スカラーシップの申請者は、イベント開催国のビザや申請要件などを十分確認してから申請してください。

ニーズベース レジストレーション ディスカウント スカラーシップ (優先登録割り引き奨学制度)

このイベントのスカラーシップは終了しました。2019年のスカラーシップについては、2018年秋に受け付けを開始します。

The Linux Foundationは、カンファレンス参加費用を割り引く奨学制度を提供しています。この制度は、オープン ソース コミュニティのアクティブメンバーであるにもかかわらず、当イベントの参加費用について所属企業から支援を受けられない方に対して適用されます。

スカラーシップの基準は、ニーズとインパクトです。選考は、各応募者のリクエストを厳正に評価する専門の審査員グループによって行われます。申請者1人につき年間2つのスカラーシップまで認められています。ただし旅費や滞在費は含まれませんので、これらについては自己負担となります。旅費などを申請する場合は、トラベル ファンド申請フォームに必要事項を記入してください。

応募する方は、こちらのスカラーシップ申し込み書に必要事項を入力してください。応募の秘密は厳守します。なお、審査には2週間ほどかかります。ご質問がある場合は、scholarships@linuxfoundation.orgまでお問い合わせください。

スカラーシップの申請者は、イベント開催国のビザや申請要件などを十分確認してから申請してください。

スポンサー

プラチナ

Azure
Fujitsu
Hitachi
NEC
SUSE

ゴールド

Indeed
Luxoft Automotive

シルバー

Civil Infrastructure Platform
CNCF
OpenSDS
Red Hat

ブロンズ

Audiokinetic
Black Duck by Synopsys Japan
Flexera – Japan
IncrediBuild Japan
LPI-Japan

コミュニティ パートナー

ODPi
Open HPC
Open Mainframe Project
OpenAPI Initiative

イベント ニュースレターのお申し込みはこちら